Q&A

疑問解決!Q&A

太陽光発電システムについてのご質問

?マーク画像太陽電池は蓄電できる?
太陽電池自体には蓄電能力はありません。太陽光発電は、シリコン半導体の光電効果を利用した、太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する仕組みです。日中に発電した電気を貯めておくことは出来ませんが、使い切れず余った電気を電力会社へ売却することが出来ます。
?マーク画像発電量とは?
太陽電池容量はJIS規格に基づいて、算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値です。実使用時の出力は、日射の強さ・設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域差 及び温度条件により異なります。
例えば「4KW」などの数値は、JISの一定条件下での発電能力のことですが、実際には日射量や気象条件、設置条件によるロス、またパワーコンディショナでの直流変換時のロスなどがあるため一般的に実出力は表示出力の50%~70%程度といわれています。したがって、4KWのシステムを設置した場合、晴れた日でも通常は2KWから3KW程度の発電量となります。
?マーク画像変換効率ってなに?
変換効率とは、太陽電池が受けた光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を示すものです。セル単体で計測したセル変換効率と、モジュールにパッケージした時の最大寸法での面積から算出したモジュール変換効率の両表現方法が使用されています。太陽光は晴天時において地上で最大1kW/m2のエネルギーがあり、日射強度の標準としています。
例えば変換効率が10%とは、このエネルギーを1㎡の太陽電池に照射したとき、太陽電池の発電電力が100Wとなることを意味します。
モジュール公称最大出力(W) ×100
モジュール面積(㎡)×1000W/㎡
?マーク画像屋根の向きや角度で発電量が変わってくるの?
屋根の向きや角度で発電量が変わってくるの?イメージ画像発電量は太陽電池面への日射量に比例します。最適な方位・角度は南向き、傾斜角30~35度程度が理想的ですが、真南から東、あるいは西に30度、傾斜角20度~40度であれば、ほとんど差はありません。
目安として南を100%とした場合、東西面で約85%、北面で約50%の発電量が目安となります。
?マーク画像雨・曇り・雪の日は発電しないの?
快晴の昼間と比較すると減少しますが曇りや雨の日でも発電します。曇りでは晴天の60%~10%、雨天では晴天の20%~5%になります。消費電力量より低い場合は電力会社から供給される電気を併用することになります。
また、雪の日は太陽電池モジュールの上に雪が積もると発電しません。但し、冬場でも晴天日の多い地域なら積もった雪が落ちるので相当の積算発電電力量が見込めます。
?マーク画像地球環境への貢献はどれくらい?
4.0kWのHIT太陽光発電システムを設置した場合、全国平均では年間約 4,500kWhの発電量が期待できます。 これを火力発電所の代替と仮定すると、地球温暖化の原因のひとつであるCO2の年間発電量を炭素(C)量に換算すると年間約1,470kg-CO2の二酸化炭素排出削減となります。また、灯油に換算すると、約1,061Lの削減になります。
☆設置された太陽光発電システムは全くCO2を発生しませんが、システム生産時は商用電力を使用しております。システムを20年間運用した場合の総発電量に、石油火力で発電された商用使用電力が排出したCO2の量を換算し、ここから差引きし年間削減量を算出しています。(メーカー調べ)
?マーク画像「系統連系」とはなに?
電力会社の配電線網を系統といいます。系統連系とはこの系統に発電設備などを繋ぎ、電力会社と電気のやり取りを行うことです。また、系統連系をしている設備で発電した電力を系統に逆流させることを逆潮流と言い、使用量より発電量が多く余った電力は電力会社に売電されます。
太陽光発電システム設置住宅の電力会社との系統連系システムでは、昼間は太陽光発電と一部買電で電力を賄い、余った場合は電力を電力会社に売ることができます。夜間や発電量の少ない時には、従来通り電力会社から電力を買います。 なお、電力会社と系統連系するためには、別途契約が必要となります。
?マーク画像系統連系までどれくらい日数がかかるの?
各地域にもよりますが、工事完了から連系開始までおよそ2~3週間かかります。
また、管轄する電力会社の状況によっては、1ヶ月以上の期間を要する場合もございます。
?マーク画像寒い地域では発電が悪くなる?
基本的に太陽電池は、年間を通じてより多くの日射量が得られ、気温が低い程、良く発電します。
しかし、寒冷地において、雪などで太陽電池に入射する光が遮られる場合は、その間発電量が低下します。従って、実際の発電量は、地域や、太陽電池の取り付け状態によって異なりますが、寒い地域だからといって単純に実際のトータルの発電量が低くなるわけではありません。
?マーク画像太陽光発電システムの操作は簡単なの?
太陽光発電システムは、自動運転のため、始動・停止などの操作は全く必要ありません。
発電が開始されると自動でパワーコンディショナに電源が入り運転を開始し、日が落ちれば自動で電源が切れます。
?マーク画像地震などの災害時にも電気は使えるの?
万が一の災害時でも、太陽光さえあれば停電になってもパワーコンディショナの自立運転機能により、系統と完全に切り離した上で、電力が使用できます。専用コンセントを用いて電気製品(最大1.5kVA)が使用できます。
?マーク画像停電のときはどうなるの?
系統連系システムの場合、太陽光発電システムは系統から切り離れます。系統が復旧した場合、太陽光発電システムは、5分間待機の後、自動的に系統に連系されます。
また停電中、手動で自立運転に切り替えた場合、太陽光発電システムが発電状態であれば日射強度に応じた発電電力が使用できます。
?マーク画像雷が落ちやすくなる?
太陽電池だから雷が落ちやすいということはありません。
屋根や屋上に設置する他の設備と同様です。
?マーク画像太陽電池の寿命って?
メーカーの期待寿命は20年以上と想定しています。太陽光発電システムには「10年間のメーカー保証」が付いておりますが、保証期間と寿命とは異なります。
現在の実績としては30年前後とお考え下さい。
但しこれは太陽光パネルの寿命であってシステムに必要なパワーコンディショナは一般家電と同じく10年程度とお考え下さい。
?マーク画像台風などのときも大丈夫なの?
建物同等の強度がありますので、まず問題ありません。
また、メーカー認定の工事店は風速60メーターに耐える施工を行います。
設置の際はメーカー認定の工事店で施工すれば安心です。
?マーク画像作動音はあるの?
太陽電池モジュールからは出ませんがパワーコンディショナからは運転時にわずかに音がします。
また運転開始時には“カチッ”というスイッチ音がしますが、定格運転時の作動音のレベルは約40~50db(デシベル)程度です。パワ-コンディショナの運転は日中のみの運転となりますので、日中の騒音レベルを考えるとそれほど大きな音ではないと思われます。
?マーク画像メンテナンスは必要?
基本的に日常のメンテナンスは必要ありません。
弊社が定期的に点検に伺います。また、太陽光発電システムは、風力発電機やエンジン発電機等と異なり、回転部や駆動部がなく、燃料を補給する必要もないため、日常的に補充または、交換する消耗品はありません。
?マーク画像太陽光発電導入にあたって、補助金や融資ってあるの?
次のような制度があります。
・地方自治体(都・県・市・町・村など)が独自に行っている補助金交付制度や、無利子融資などの補助制度
・住宅金融支援機構の割増融資制度
?マーク画像値引きしてくれませんか?
はいっ!がんばります。
太陽光発電システムは環境にも光熱費削減にも大きく貢献できる優れたものです。
より多くの皆様に導入いただけるよう、がんばっていきます。

その他サービス